FC2ブログ
2021 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2021 04
強制的な早退と雇い止め(TヘT)
2020/10/04(Sun)
またもや久々の更新。
まぁ映画やライヴ等、コロナ禍で制限があり巳に行けてないので更新滞るのも道理なんですが…。

今回は記録のため、関係ないけど職場の話を残しておきます。
実は前職も、パワハラがあり外部ユニオンに相談して、典型的なパワハラと言われたものの、ちょうどタイミングよく今の仕事を見つけたため、テキトーな理由で退職していました。
新たな職場は時給も上がり、最近まで楽しく仕事出来てたのに…

9月に入ってから、寝てないのに居眠りしたとかで、派遣先社員に強制的に早退させられたことが2度もアリ。
2度目に至っては、昼休憩の前に帰れと言われ、あんまりなので飛んで来た派遣元担当者に、寝てないし、給料無くなっちゃうから帰りたくないと言ったものの…。
その担当者に、丸く収めるにはとりあえず帰った方がいいと言われ、仕方なく、勤務終了時間まで外で時間潰してから帰宅。

でもよく考えたら、このままだと今後も、派遣先社員の胸先三寸で強制的に早退させられ続けることも考えられ、それだとホントに給料がもらえなくなり、出勤するだけ無駄、ってコトになりかねない。
なので9月28日、シフト休みの月曜に、労働基準監督署の無料電話相談(フリーダイヤル)の番号にかけたら…。

理由の如何を問わず、本人が働きたいのに派遣先が早退させるのは、派遣先の契約違反になるとのこと!
給料も、出勤したのに日給の半分以下に減らすのはやはり契約違反なるため、支払われない場合やは労基通報案件。

労基でこう言われたと、派遣元担当と派遣先社員に言えば解決するはずだとのアドバイスで、先ずは派遣元に知らせると、さすがに契約違反の事は分かってたみたい。
でも派遣先には言いにくいような話しぶりだったからガッカリ。
(昼前帰されたとき、派遣元担当が社員に契約違反指摘してれば、これから後のことは起きてない…)

とにかく、10/2(金)に派遣元担当が間に入り、派遣先社員と話し合いすることになった。
その時に、居眠りしてない旨説明しろだって!
その時点でどうもオカシイ気はしてて、だって契約違反ってのは理由の如何は問わないはずだから、たとえホントに寝てたとしても、本人が「これからは寝ないで頑張る」といえば、帰しちゃいけないって話なわけで。
派遣先社員が今後はルール守ってくればいいだけのことで、コッチの言い訳は不要なはず。

そしたらあんのじょう。
金曜を待たず、火曜に有給とってた(3時間で帰されるなら有休の方が収入が良い)ら、派遣元担当から連絡有り、10月末の契約切れたら、更新はしないとのことだった。

つまり派遣先の契約違反に対しては何もなく、自分だけが仕事を失うってコト。

さすがにしばらくは、立ち直る気力が湧きません。
ただ、明日月曜に労基に話はしてみようと思ってます。
どういうことになるか分からんけど、ステージ3の癌患者としては、こんな目に合うならもう仕事はしたくないです。

星乃裕華の、明日はドッチだ??
スポンサーサイト



この記事のURL | 雑記帳 | CM(0) | ▲ top
目覚めちゃったお姫様(コロナ自粛に関して)
2020/05/04(Mon)
ここは本来、映画やライヴのカンソー上げようってコトで作ったブログです。
でも2020年5月現在、新型コロナによる自粛で、3月末以降映画館は閉館中。
緊急事態宣言が5月末まで延長されたため、再開メドも立ってません。

(緊急事態宣言解除後も、旧に復するかは不透明…そのまま潰れてしまう映画館もあるでしょうから…)

まぁそんなワケで、コロナ関連の投稿お許し下され。

さて、日本では4月7日に安倍総理により緊急事態宣言が出され、8日以降5月6日の連休明けまで、不要不急の外出は自粛するようにとのことで、飲食店やライブハウス、劇場、映画館や、なぜか都立公園なども休業要請が出されて閉まってしまい、休日に出かけるところがなくなります。
御朱印についても、神社仏閣が参拝を受け付けなくなり、社務所を閉じるところも多くなってます。
日本の場合法律の不備で、強制は出来ないので、あくまで要請ってコトですが、日本人のメンタルとして、皆よく従ってます。
(みんなが我慢してるんだから…という同調圧力で、ヒステリー状態の人も多く、皆がお互いを監視する「自粛警察」状態なのが情けない…)

ここで問題なのが、緊急事態宣言の根拠となった専門家会議の見解。

西浦某という専門家が、人との接触を8割減らさないと、感染爆発を防げない、と言い出します。
(数値うろ覚えだけど、何もしないと80万感染して42万死亡…だったような)
8割減らせれば、2週間くらいで感染者数が減少に転じるとのことで、緊急事態宣言が出されることになったもよう。

百歩譲ってそこまでは、まぁ自分も乗せられたし、しょうがないとします。

ところが。5月6日までだった緊急事態が、5月末まで延長されることになったです!

ここに来て、自分の周りにも色々と変化が。

先ずは仕事。
派遣で大手企業のPC関連業務に携わってる自分ですが、4月10日に出勤すると、前日9日に社内で感染者が出ていたことを知らされます。
その日は普通に勤務したけど、ステージ3の直腸癌という基礎疾患ある上、同居の両親が80歳代と高齢で、コロナ持ち込むなと言われたため、その日の夜に派遣元担当者にメッセ送り、5月12日までお休み申請。
(5月11日に、癌の経過観察関連で胃カメラ予定のため、その日までは罹りたくなかったもので…)
有給は数日しかないから、ほぼ欠勤扱いなるけどしょうがない…ってコトで現在も休暇中…。
結局、4月15日には2人目の感染者出てるから、この判断は間違いではないと、今でも思ってます。

で、報道によると東京の感染者ってばほぼ3ケタの人数で推移してて、緊急事態後、皆自粛してるけど思ったように減ってない。
(自分としては、緊急事態なのに仕事は止めてないから、在宅ワーク不可の職種の人がいまだに電車通勤してて、混雑状況解消されてないからだと思うのですが…それはさておき。)
都知事の小池さんは、皆の努力が足りないからだと言わんばかり。

つい3日前くらいまでは、何の知識もないから、そうなのかな?と何となく納得するしかなかった。
もちろん、都内や近県の公園・植物園で季節の花や蝶を撮影し、ホムペやブログにアップするのが楽しみの自分にとっては、屋外は比較的感染リスク少ないって専門家も言うのに、公園・植物園まで臨時休園なのが理解出来ず、ずっと納得いってなかった部分ではあるのですが。

そして、目覚めの時が、突然やって来る。
5月1日の金曜だったと思う。
居間で昼食の時、父がNHKつけていた。
専門家会議の尾身某が出て、5/6以降の宣言について解説してたけど、解除するのは難しいって話で、根拠として、3月の実効再生産数(一人の感染者が何人に移すかという数値)が1.7で、これが1以下にならないと感染者は減らないから、解除は難しいってコトだった。

で、天地がひっくり返ったのが、翌土曜のウェークアップ。

MCの辛坊さんが、実効再生産数、3月末時点で1以下(0.7だったか?)に下がってたと暴露(1.7ってのは、上旬の数字と思われ)。
そのため、緊急事態宣言は本来、必要なかった!
どひー!


思えば、4月の初め、緊急事態なる前に神代植物公園のヤエベニシダレが綺麗だから家族で見に行こうって話になり、公式サイト確認したらコロナのため臨時休園で、父がとてもガッカリしてた。
その時点で、自粛は一切必要なかったって話になる。

その後、専門家会議で、日本ではコロナは4月1日に、既にピークアウトしていたと明言されてたことが明らかに!

つまり、何もしないと80万感染、42万死亡は科学的根拠のないデタラメだったことが、アタマの悪い自分にも理解できた!

専門家会議がなぜ、実効再生産数を発表しなくなったのか、4月1日のピークアウトを無視して、緊急事態宣言を総理が発出したのはなぜなのか?

自分的には、総理は国民に「ほらね、日本には法律の不備がある。国難に際して、要請しか出来ないんだよ」と刷り込み、憲法改正の布石にするつもりがあるんだと思う。
だから今回も、実効再生産数やピークアウトなどの科学的根拠を全く無視しての、緊急事態延長。

正直安倍内閣には失望しかない。
もちろん自分は、9条守れなんて言うつもりはない。
でも、憲法改正のために人々の日々の楽しみを奪い、中小事業者や観光・旅行業、アパレルや飲食店、自営業者等を全て犠牲にするのは、言語道断と思う。

今後は二度と、自民党には投票しないし、野党も論外だから、政党は「自由惑星同盟」候補者は「ヤン・ウェンリー」としか、書かないことにする。

ところでさ、5月末に解除された後、全てが旧に復すると皆思ってるのかな?
それは無理だと思うよ。

要請に従おうと、ギリギリで頑張ってきた中小業者や自営業者は、既に限界だから、倒産がたくさん出るし、自殺者も増える。
今まで当たり前だったサービスで、受けられなくなるものがたくさん出ると思う。

今からでも遅くないから、政府は考え直してくれないのだろうか?
この記事のURL | 雑記帳 | CM(0) | ▲ top
Win10への長い道?
2020/03/12(Thu)
えー、長らくのご無沙汰でした。
まぁもともと頻繁に更新入れるブログじゃないのですが、去る2月2日にようやくWin7からWin10のパソコンに買い替えたのですが…。
ご多分に漏れず、購入時にフレッツ光の勧誘を受けました。
もともとはケーブルTVのブロードバンド回線利用者でして、それよりずっと早いとかで申し込みました。
ところがこれがケチの付き始めで…(;'∀')

当初のネット開通工事が2/14(木)シフト休みで、来てくれたけど色々見て回った後、「マンション形式でなく、戸建て形式の方が良い」とのことで。
無線ルーターで飛ばす予定が、室内に電話回線がなく、ルータが遠くなるので、エアコンの穴から有線で室内のルータと繋げ、そこから無線でPCに飛ばす方が良いそうで、弟が以前光を使ってた時のケーブルが残ってるから工事も早いとのこと。
工事方法変更したため、次回2/24(月)が新たな工事日となりました。
なので当初初期設定に2/23に来てもらう予約も、29日に変更。

ところが今度こそと思った24日。
弟が使ってた光回線は、解約されてるから使えないと分かり(ここで既に話が違う…)、新たに光ケーブルを繋ぎ直す必要あるが自分が住んでるトコは特殊で、電話線とか全部地面に埋まってるためマンホール開けなきゃならず許可が必要とかで、この日も工事に至らず。
しかも、日程この場で決められないから、改めてNTT業者に電話してくれだって。
後日電話して、最短でやってほしいと言ったら「3月12日になります」だと!

アホか~~!!
ドコが最短やねん?
購入2月2日やぞ!

…とアタマ来たので、フレッツ光はキャンセルすると伝え、ケーブルTVにも電話して、2月いっぱいの解約を取り消してもらいました。
どのみちPCが1階から2階に移動するため、回線の移設工事が必要とのことで、3/2(月)に早速ケーブルTVの人が来てくれて、ようやくネットが繋がり、初期設定も3/8(日)に3たび変更。
ようやく3月8日夕方から、晴れて静かな環境で音楽やPC楽しめる「天国」となったのでありました!

また、初期設定来てくれた方も優秀で、元のPCからのデータ移行もやってくれたので、ほぼストレスなくWin10生活に入れてます♪
まぁ終わり良ければ全て良しってコトですが、今後ソフトバンク光には近付かない、を家訓にしようと決めました。

今回レビューじゃないけど、長らくのご無沙汰の言い訳でした~~(^^ゞ
この記事のURL | 雑記帳 | CM(0) | ▲ top
STAR WARS -スカイウォーカーの夜明け-感想♪
2019/12/23(Mon)
去る12月20日(金)より日米同時公開ってコトで、初日の20日、仕事の後21:00上映に駆け付けました。
場所は最近オープンしたばかりの池袋グランドシネマサンシャイン
関東随一の規模のシネコンってコトでこれまでも何度か利用。
アナ雪2やルパンなど見てます。

さて、スカイウォーカーの夜明け。
ラストまで見て、タイトルの意味が明確になりました。

以下ネタバレますので、鑑賞予定の方は見終わってからお読み下さい。
この記事のURL | 映画 | CM(0) | ▲ top
ターミネーター&アナ雪2&ルパン三世First、3本一気レビュー挑戦!(^^ゞ
2019/12/09(Mon)
さて。
実は最近、自宅からバスで3つ目のターミナル駅に、関東随一の規模と言うシネコンがオープンしたのです。
夏場に天気の子など見に行ってますが、このところ2週連続で映画鑑賞楽しんだので、忘れないうちにレヴュー上げようってなコトなワケです。
今回見たのは「ターミネーター;ニューフェイト」「アナと雪の女王2」「ルパン三世 First」の3本。

※例によってネタバレますので、見る予定のある方は、ここから先は鑑賞後にお読み下さるようお願いします。
この記事のURL | 映画 | CM(0) | ▲ top
MIBインターナショナル&アラジンカンソー♪
2019/06/24(Mon)
去る6月23日(日)、休日だけど天気がイマイチなので、撮影やご朱印巡りなど外回りの趣味は控え、会員になってるシネコンのポイントが6コ貯まり1本無料で見れるので、久々に映画鑑賞に出かけました。
見たのは「MIB」最新作と、ディズニー映画「アラジン」実写版。

以下ネタばれますので、見る予定の方は鑑賞後にお読み下さるようお願い致します。
この記事のURL | 映画 | CM(0) | ▲ top
ハン・ソロ スターウォーズストーリー
2018/07/02(Mon)
1年半振りの更新なってしまいも~しわけナイ…(^^ゞ

う~ん、キングスマン2とか、パシフィック・リム2とか、見に行ってはいたのですがカンソー書く気にならなかったというか…。
で今回も、あんまり乗り気じゃないんだけど、SWはファンとして義務のような気がするのでカンソー残します。

例によって思っきりネタバレますので、見る予定の方はこの先お読みにならないようお願いします。
この記事のURL | 映画 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ